ドクターマーチン|英国ロッカーズ、モッズ、パンクの御用達ブーツ

ドクターマーチン レースアップブーツの魅力

ドクターマーチンのレースアップブーツレースアップブーツ(編み上げブーツ)といえば、
ドクターマーチンというぐらいメジャーなブランドです。

英国ロッカーズ、モッズ、パンクの御用達ブーツ!
日本でもブルーハーツをはじめとするパンクバンドや
ロックミュージシャンに愛されてきました。

少し前までは、ちょっとトンがった人が履くブーツでしたが
最近では足元のオシャレを楽しむアイテムとして女性にも広く履かれています。

程良い足首のくびれと踵からふくらはぎにかけピッタリとフィットするフォルムは
どの角度から見てもカッコイイです♪

エアークッションソールだからガンガン歩いても疲れない!

履き込む程に足にしっかりと馴染み愛着が湧く、とっておきのアイテム

もはや流行を超越したスタンダード ブーツ

流行に左右されないスタンダードブーツをお探しの人におススメ

ドクターマーチンのブーツ一覧

ドクターマーチンのブーツ おすすめ通販ランキング

ドクターマーチンのブーツおすすめ通販NO.1楽天市場並行輸入の正規品が安く買える楽天市場
⇒ 楽天市場のドクターマーチンのブーツ一覧はこちらでご覧いただけます

ドクターマーチンのブーツおすすめ通販NO.2ヤフオク英国製のビンテージマーチンが格安で買えるヤフオク
現行のドクターマーチンは、中国・タイ・ベトナム製で、
80年・90年代の英国製ビンテージマーチンに比べ安っぽい作りです。
やっぱりドクターマーチンは本場英国のビンテージに限るという人にはヤフオクがおすすめです!

ドクターマーチンのブーツコレクション

ショート丈の8ホールレースアップブーツを中心に、10穴、14穴のレースアップブーツがあります。
レースアップ以外で人気なのが、サイドゴアブーツ(チェルシーブーツ)です。

レースアップブーツ、サイドゴアブーツともにつま先にスチールカップの入っているものと
入っていないものがあります。 購入前に良く確認してくださいね。

価格帯

人気の高い8ホールの1460モデルで1万5千円前後がだいたいの相場です。

ドクターマーチン レディースのサイズ&サイズ感

サイズ表記はイギリス(UK)サイズでの表記になります。
ドクターマーチンのブーツは、基本ユニセックスモデルです。
ですからレディースのサイズもメンズやボーイズと共通のサイズになります。
大体の目安は下記の換算表でご確認ください。

UK 3 4 5 6 7 8 9 10
日本 22 23 24 25 26 27 28 29

※上記の換算表はあくまで目安になります。お買い求めの際に試し履きでサイズ確認してください。

余裕をもって履きたい方は1サイズ上を選択して、中敷きで調整するのがおすすめです。

店舗・取扱店情報

札幌、さいたま、千葉、東京、横浜、川崎、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡等の
全国主要都市の有名靴店等でお買い求め頂けます。

ブランド紹介~ドクターマーチンの歴史

ドクターマーチン(Dr.Martens)というブランド名は開発者
のドイツ人医師クラウス・マーチン博士に由来します。

1945年マーチン博士が怪我からのリハビリ用に作った、柔らかい革と
空気を充満させた靴底を用いたブーツが現在のドクターマーチのブーツの
原型とされています。まだゴム底の靴が珍しかった時代です。

その後イギリスの靴製造メーカーが、マーチン博士が作ったブーツの特許権を
買取り、ドクタマーチンはイギリスに渡ります。
この時にエアークッションの効いたゴムの靴底が、
今ではお馴染みの AirWairとして商標登録されました。

イギリスに渡った当初の1960年代前半は、Royal MAailの郵便配達員や
警察官、工場労働者用の靴として人気を博しました。
エアークッションの効いたゴム底のソールは当時としてはとても斬新で
さぞ履きやすかったことでしょう。

60年代の後半から70年代には、モッズやロッカーズ、パンク、スキンヘッド
というサブカルチャーから注目され、ドクターマーチンのブーツは
若者たちの間に急速に広がりました。
いまではすかっかり足元のオシャレを楽しむためのアイテムとして受け入れられています。

ドクターマーチンのブーツはこれまで英国を代表するブーツとして英国内で
生産されていましたが、2003年4月に英国内での生産をすべて終了し、
それ以降すべての製品はタイと中国、ベトナムで生産されています。

最近になって、英国製のドクターマーチンが復活しましたが、ちょっとお値段高すぎです・・・。
本場英国製のドクターマーチンをお求めなら、中古のビンテージモデルをオークションで
探すのがおすすめです。

レディースブーツ・ブーティ特集2017

ブーツ・ブーティ特集
サブコンテンツ

このページの先頭へ